【記録はダイエット効果を倍にする】

2008年、アメリカで1685人の被験者を対象にしたダイエットの実験が行われました。平均年齢は54.8歳、体重は96.5kg、平均BMIは34.3。全体の78.8%が肥満(BMI≧30)です。

被験者が参加したのは、食餌制限、運動、食餌記録、グループセッションなど様々な方法が組み合わされた20週間に及ぶプログラムです。その結果から、ダイエット手法の効果が被験者の属性(性別・人種)別に分析されました(その論文は全文[PDF]を参照することができます)。

なかでも注目を浴びたのが、記録の効果でした。USA TODAYは「フード・ダイアリー(食事日記)はダイエット効果を倍増させる」として紹介しています。

論文を読んでみると、シンプルに食べた・飲んだものを記録しただけのようです(もちろん実験の目的である体重も記録されています)。

記録のツールはここ数年で飛躍的に進歩しています。ブログなどの自由日記から、ダイエット・読書・運動など特定のテーマに特化したものへと広がっています。記録をSNSに投稿したり、仲間と競わせてくれたりします。記録という小さな行動の大きな力を実感している人も多いのではないでしょうか。

かくいうわたしも、趣味の水泳の記録をスマートフォンに取っています。話の種にするとき以外は人に見せることのないこの小さなグラフが、泳ぎ続ける励みになっています。

【記録はどのように機能するのか】

記録によるダイエットといえば、この実験に先立つ2007年にベストセラーとなった岡田 斗司夫『いつまでもデブと思うなよ』を引かないわけにはいきません。著者自身は自身の経験を次のような段階にまとめています。

  1. 【助走】 食事と体重を記録する
  2. 【離陸】 記録にカロリーを加える
  3. 【上昇】 摂取カロリーを管理する
  4. 【巡航】 工夫をこらし、停滞期とたたかう
  5. 【再加速】 頭の欲望でなく体の欲求に応え、停滞期を突破する
  6. 【軌道到達】 ダイエットをやめてもやせている
  7. 【月面着陸】 ダイエットの効果を実感する

レコーディング・ダイエットのステップ - *ListFreak

このレコーディングダイエットのステップを肴に、記録が目的を果たすメカニズムを追ってみたいと思います。

  1. 【助走】 楽に測れる項目を選び、記録を始める
  2. 【離陸】 記録に、目的を果たす条件を加える
  3. 【上昇】 記録を見ながら条件を満たしていく