###【やる気のコンチクショー理論】 数年前のある社長との会話を、今でもときどき思い出します。うまく言い返したかったのにできなかったという、悔しい感情と結びついているからです。 社長は感情のマネジメントに興味があるとのことで、人間の感情に関わる自説を展開されておられました。問題の(?)発言は、部下のやる気をかき立てる方法についてでした。 社長は、ご自分は部下を罵倒したり会議で恥をかかせることで「コンチクショー!」というやる気をかき立てていると言うのです。 なるほど、と思いました。事前に、何人かの社員からは「社長がキレると手が付けられない」と聞かされており、(おそらくはそのせいで)離職率も高いのですが、一方では優秀な腹心が残っていて、業績自体は良いのです。 つまり、その時点では社長のやり方は機能していました。しかしこれからさらに成長をめざそうという会社にとって持続的に有効な方法とは、わたしには思えませんでした。 「ある状況においては、そして一部の社員にとっては、それが効果的にはたらくこともあるでしょう。しかし一般的には、多くの社員に対して有効な方法とはいえないのではないでしょうか。たとえば……」 そんな風に反論したかったのですが、うまく考えがまとめられず「そう……かもしれないですけどね」と返すのがせいぜいでした。