### ●【2人の時計職人の話(ハーバート・サイモン)】 その昔、テンプスという腕の立つ時計職人がいました。時計作りは1000個の部品を一つずつ組み込む精密な作業で、中断は許されません。テンプスの評判が広まるにつれ、時計作りを依頼する電話も増えました。しかし電話に出るために作業を中断すると、時計作りは最初からやり直しです。